仕事嫌いな怠け者が人生を楽に生きる究極の方法を発明した。楽することばかりを考え続けた結果…

どうも、ぴよつんです。

「仕事したくねー!」
「バイト行きたくねー!」
「ズル休みしよっかな。。」

と、そんな感じに仕事が大嫌いな人って多いと思います。
僕も漏れなくその中の1人。

いざ仕事を始めたとしても、頭にあるのは
「早く終わんねーかな。」「帰りてー。」ということばかり。

そして仕事中も「いかに手を抜くか?」「いかにサボるか?」
「いかに楽をするか?」ということしか考えてない。

そんな僕が「いかに楽をするか?」延々と考えに考え抜いた結果…

「人生を最も楽に生きる究極の方法」を編み出しました。

下記の動画で喋っています。

 

結局のところ、最も楽に生きる方法って、
「苦労の先取りをする」という以外にはなかったんですよね。

どれだけ今、手を抜いてサボったところで
そんなのは束の間の楽でしかなかったんです。

 

楽なのはそのときの一瞬だけ。

むしろ、手を抜いてサボって楽をすればするほど、
あとで何倍にも何十倍にもなって、「苦労」がのしかかってきます。

 

僕も過去に、楽に生きようとして
投資という名目でのうまい儲け話に手を出し、
一瞬にして数百万円という全財産を失った経験があります。

そのときは本当に頭が真っ白になって、
一週間は廃人のようになっていました。

まぁ今では、その経験を通して、
「最初っから楽できることなんて、世の中に存在しないんだ」
ということが痛いくらいにわかったので、
良い経験だとは思っていますが、
正直もう2度とあんな辛い思いはしたくないですね。

ここだけの話、全財産を失った挙句に借金も抱えてしまって、
それを清算するのに相当な苦労をしましたから。

 

結局、着実に誠実に一生懸命に
コツコツと頑張っている人の方が、
あとあと必ず楽をできるということ。

まさにアリとキリギリス。

 

今、手を抜いて楽をするということは
借金するということに似ています。

借金をしたら、その場では
「一瞬でお金が手に入った!!」
というような錯覚に陥ってしまいますが、

あとあと、それを返済するのに
めちゃめちゃ苦労することになります。

今、手を抜いてサボって楽をするというのは
いわば「苦労のツケ払いをしている」ということ。

あとで必ず、何倍にも何十倍にも、
いやもしかしたら何百倍にもなって
「苦労」というツケが回ってくるわけです。

本当に恐ろしいことです。

逆に言えば、先に苦労をしてしまえば、
後に残っているのは「楽」だけ。

 

先にラクを取れば苦労が残る。
先に苦労を取ればラクが残る。

 

これ本当に大事な考えだと思う。

僕のような、楽をしたい怠け者な人間ほど
先に苦労を済ませちゃった方が良いんですよね。

その方があとあと、絶対ラクになるから。

動画でもこの話に関連したことをたくさん喋っています。

この動画も自分で何回も聞く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です